Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑固なiPadユーザー1

私の忠告でレッツノートを購入したことで、中年男の友人のサポートをする羽目になった。
サポート対象は可愛い女性に限っていたが、今回特例である。

私に触発されて初代のiPad3Gは買ってみたものの、iTunes同期はしたことがなく、PCはAcerの1円PCで、iTunesと同期させようとすると見事にフリーズしてしまう。

「PCを買わなくちゃ何も出来ませんよ。」

Friend

半年後、友人がレッツノートを購入した事から私の不幸が本格化する。

「お願いですから、iTunesのID、パスワードは控えておいてください!」
「Evernote、DropBox、SugerSyncのID、パスワードは!Googleアカウントは!!」
「チャンと控えておいてくれといったでしょ。」


「覚えていたんだけどなぁ。。。頭文字が大文字にしていたかもしれない。」

「もう一度、設定し直しましょう(T_T)。」
「今回は控えてくださいよ。」


いっこうに前に進まない。


「人にFacebookが良いと聞いたんだが。。。」



「目的は?」



「いずれイタリア語教室を開こうかと、思ってるんだ。」



「ハァ。まあ、有り得ますが、、、Twitterの方が広がりますよ。」



「いや、Facebookなんだ。Facebookをやりたいんだ。iPadでやりたいんだ。」



「iPhoneを買ったらどうですか?写真もアップ出来るし、簡単に投稿出来ますよ。」


「iPadでやりたいんだ。私はそういう考えなんだ。」



なんだかんだで、並行してブログも作ることになる。
なんか深みにはまりかけている。

iPhone 妄想大陸 その1

突然、私のiPhoneが鳴った。

「助けて~!」

常々、好意を抱いていた、美しい女性の友人にからの電話だった。

「携帯が古くなったので、ついSoftBankShopを覗いたら、お店の人の奨めでiPhoneを買ったの。
何なのこれ!ちんぷんかんぷん。
説明書もないし、お店の人は、本屋で買ってくれって、無責任だし?」

何か私が怒られてるようだ。
私は不吉な予感がして、聞いてみた。

「ところで、PC持ってたっけ?」

「えっ、PCいるの?お店の人は、何も言ってなかった!」

「はぁ……………?」

「いろいろ、考えたら私には、○○さんという強力なサポートがいる事に気がついて。お願い、電話でいいから、いろいろ教えて!」

「電話では無理だよ。私のノートPCを持っていくから、それでいろいろやってみるしか。。。(?_?;)」

「じゃ、来て!」

Design

6月某日。
記録的な猛暑の夏の始まり。

美しい独身女性のマンションに入り込めるという、多大な助平ゴコロに抗じきれず、私は、iPhone私設サポートを安請け合いしてしまった。

このブログは、助平な中高年の妄想大陸での徘徊の記録である。

つづく…。

信用できないの!

長女が中学生の頃、日曜日の昼下がり。
娘は、眼に涙をいっぱいにためて、私に向かって、吐き捨てるように言った。

「お父さん、私の事が信用出来ないの!」

「そこに行くのだけは、駄目だ。」

「なんで、なんで、変なとこじゃないし、友達も一緒なんだから?」

「それじゃ、私もついて行く。」

「なんでそんな嫌がらせすすんの!」
「なんで信用してくれないんだよ!」
娘は、号泣しながら叫んだ。

「絶対に、行くのは許さない。」
「行くんだったら、私がそこに乗り込む。」

娘は過呼吸を起こし、崩れるように倒れ、そのまま泣きながら寝込んでしまった。
いつもの親子喧嘩ではなかった。

数時間前に女房から聞いたことだが、娘が行くという家はある宗教団体の支部で、ティーパーティに招待されたらしい。
まだ、統一協会もオウム真理教も世間には知られてない時期だったが、聞いたこともない宗教団体に、胡散臭さを感じた。

数日後、私は娘と代官山のメキシコ料理店で。

「私は、君を信用してない。」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「将来、君が私の元を巣立ったとき。私は、どんな時も、何があっても…世間が君を糾弾しても、世界が敵に回しても、私は君を信じる。」
「その時は何があっても、私は君の味方だ。」

「それまでは、決して君を信用しない。」

娘は、大粒の涙をポロポロと流しながら…「私、お父さんの娘でよかった。。。」 

家族078@

昔話である。

今、彼女は三十路の坂をとうに越したが、まだ、私は娘を信用できないでいる。

iPhoneな日曜日

AM 6:32 SleepCycle(¥115)で目覚める。

hoto (6)

目覚ましアプリを色々試したが、SleepCycleが一番私にあっている。
ノンレム睡眠とレム睡眠を振動で感知して、浅い眠りのときに起こしてくれるという事だが、息子はこのアプリでは起きられないという。
寝起きの悪い者には標準タイマーのアラーム(アプリを立ち上げなくてもアラームが働いてくれる)で充分か。
充電しながら使わないと、目覚めたときバッテリーが激減していることになる。

次にiTaskTimer(¥230)をOffにしてGoogleCalendarにSync。

 


CalenGoo(¥800)で確認すると、時間管理の履歴が記入されている。
Googleにスケジュールと履歴を表示出来るのは、結構便利だ。

今日は冷え込んでいる。
Outside(¥350)で気象情報、TouchGoal(¥230)で日課を確認。



 
Outsideは気温・お天気設定で、プッシュしてくれる。
昨日購入したばかりで、試してる最中。

TouchGoalは毎日体重、血圧計測・投薬を欠かせない私には必要なアプリ。
ついつい、忘れてしまう毎日・毎週の習慣・行事を登録する。アイコンに未達成の数字が出るので便利だ。

Weightbot(¥115) & BPLogs(¥350) & BMIと健康家族9種録(¥350)で体重・血圧・脈拍を記入。



色々試したが、Weightbot & BPLogsは使っていて面白い。
健康管理アプリは毎日の事なので、使っていて楽しくないと続かない。

今までRecRecDietで朝食のカロリーを記入していたが、カロリー計算が面倒なので先週止めた。
その影響か、少しリバウンド気味だ。


朝飯も済ませたし、2Do(¥800)で今日の予定を確認した後、Walking。
2Doは最近のお気に入りだ。


hoto (4)

ソニエリのBluetoothにShareのイヤフォンを挿して曲を聴きながらWalking。

hoto (9)

TwitMusic(無料)でお気に入りの曲をPostする。

音楽を聴き、時々TwitterしながらのWalkingは快適だ。
ついつい歩きすぎてしまう。

最近foursquare(無料)を試している。

hoto@3

フォロワーの PostがiPhoneに表示されるのは面白い。
まだ使いこなしてはいないが、こういうSNSは使い続けるとすこしづつ解ってくる。

昨日、HandyGPS(¥115)を購入。

hoto (7)

シンプルでGPS認識が速い。
メールでGoogleMapリンクが送れるので重宝だ。
Walking途中でテスト。

HandyGPS→メール→GoogleMapでマイマップ登録→My Maps Pocket(無料)アプリでiPhoneで管理という面白さ。

hoto (3)

MyMapsはお奨めですよ。
GoogleMapを使わないユーザーも、これを機会に使ってみたら感動モンですよ。

Walking 休憩…ドトールで一服。


小遣い帳アプリ ActiveMoney(¥800) & MoneyBook(¥350)に記入。
どちらも良くできていて、ワンタップで記入出来るActiveMoney、
Apple仕様デザインの使って楽しいMoneyBookはどちらも捨てがたい。

これが私の午前中のiPhoneな日曜日である。
早朝購入したiTunesCardは午前中で使い切ってしまった。


私はiPhoneに完全に支配されている。
iPhoneがなくなると意外と清々するかもしれない。


◆金額は購入時のもので、現在価格とは違っている事が多いです。

鎌倉 詣

昨日は思いっきり、激Walking。合計15kmの歩行。

久々に気持ち良かった。


ブログでのRefills批判で、Twitterへの反論が多少あり。
もっと反論を期待したが、応援メッセージの方が多かった。
反論に対する反論はしない。

不毛でもあるし、知った事じゃないと云う気分だ。

安易な高評価は対象を駄目にする。
友人から写真メール有り。


元気そうだ。
彼女もそろそろ三十路か?

魅力は変わらなそうだ。


Send From BlogPress.

Appendix

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

三太

Author:三太
脳梗塞に見舞われて、只今休業中。
暇に任せてPC.iPhone.映画…。

登山は当分見合わせて、今はiPhoneにはまり気味。

Ipodでブログの更新…迷路への道。。

メタボレコーダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。